2005年11月19日

Pixia のレタッチ機能

 Pixia は、「フルカラーペイントソフト」とか「レイヤーに対応したフリーの高機能グラフィックソフト」と紹介されています。お絵描き、特にCGと言われる画像作成に広く使われているようです。
 詳しくは、下記を参照してください。
Pixia ホームページ
「画像加工の便利帳」の無料お絵描きソフト Pixia の記事 
AllAbout の Pixia 紹介記事
 なお、Pixia の解説書はないと書きましたが、「Pixia パーフェクトガイド」というデジタル書籍あるいはオンライン書籍はあります。内容はお絵描きに関することだと思われます。

 この Pixia を、簡単デジカメ画像加工メルマガで、12月から画像レタッチソフトとして使い、デジカメ写真のレタッチの講座を行います。11月の講座で配信した JTrimは、画像レタッチソフトと言われていますが、Pixia はレタッチソフトではなく、レタッチは主機能ではありませんが、JTrim より、高機能です。デジカメ写真のレタッチもお絵描きもやってみたい方には向いているかも知れません。


 そのレタッチ機能について少し説明します。
p013.jpg
レタッチ機能のメニューは、「画像」をクリックすると出てきます。


p017.jpg
「メニュー」の「トーンバランス」をクリックすると「ヒストグラム」が出てきます。JTrim のように表示だけでなく、調整ができます。JTrim の「ノーマライズ」は自動で画素の分布を正常化しますが、Pixia では、スライドバーを動かして調整します。一般には、「レベル調整」と言われている機能です。このヒストグラムでは、ハイライト部とシャドウ部の画素がないので、左右のスライドバーを動かして、グラフの両端に合わせると、画素の分布が広がります。

p014.jpg「メニュー」の「色調調整」をクリックすると、「トーンカーブ」が出てきます。このカーブをドラッグして、明暗、コントラスト、色合いなどを調整します。「トーンカーブ」だけでも全て調整できますが、「ヒストグラム」で画素の分布を拡げておいてから、「トーンカーブ」で明暗、コントラストを微調整するのが良いと思います。


p015.jpg明るさ」「コントラスト」のスライドバーを動かすと、調整でき、「トーンカーブ」も表示されます。「明るさ」はガンマ補正で、「コントラスト」はS字型パターンで JTrim の「明るさ、コントラスト」とは異なります。トーンカーブでの調整と同じです。


p016.jpg 色合いは、「カラーバランス」で調整します。


p019.jpg JTrim にはない機能として領域選択機能があり、部分的なレタッチが可能で、レタッチの幅が広がります。


p026.jpg やはり、JTrim にはない機能として、レイヤー機能があり、画像をレイヤーに分けてレタッチしたり、合成したりすることができます。JTrim には合成機能はあります。


p027.jpg シャープ機能はフィルターの中にあります。このシャープ機能はイマイチです。「アンシャープマスク」があれば、言うことなしですが、そのうち、できるようになるかも知れません。


 これだけ分かれば、12月の講座配信を待たずに、Pixia が使えるかも知れませんね。なお、Pixia のヘルプは、ソフト本体とは別にダウンロード、インストールする必要があります。二つヘルプがありますが、二つともインストールしたほうが良いと思います。「うらんのぴくへる」の方は、「トーンカーブ入門」など基礎的な説明もありますので、役に立つと思います。



posted by kawamasa at 14:29| Comment(1) | TrackBack(1) | Pixia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
合コンセッティングサービスの決定版!合コンのことならおまかせの当サイトでは登録しておくと都合のよい日時に男・女性グループとのコンパが自動でセッティングされます。お1人様参加型のサービスもありますので、興味のある方やエロ漫画好きな方はぜひTOPページをご覧ください
Posted by エロ漫画 at 2009年06月11日 09:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9531158

この記事へのトラックバック


Excerpt: pixiaPixia(ピクシア)はパーソナルコンピュータ|PC用(ペイントツール)。日本製。開発者は丸岡勇夫。Windows3.1用フルカラーグラフィックツールART/fw(アートフォー)の後継にあた..
Weblog: Web最新講座
Tracked: 2007-09-14 15:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。