2005年10月10日

夜の恐竜

 先日、旅行に出かけた時に、暗くなってから休憩した場所に恐竜がいました。
早速、「暗いところではストロボを使うな!」ということで、ストロボなしで撮ってみました。シャッター速度は1/8です。少し、無理だったようで殆ど写っていません。(自動のまま撮りました。)

4905.jpg

 そこで、次の講座で始めるJTrimの予告編として、色々いじってみました。

 まず、「明るさ」で調整!「明暗は明るさで調整するな!」の分かりやすい例になりました。
4905b.jpg

 次に、「ガンマ補正」を使って見ました。これだと、シャドウとハイライトが残ります。割と自然な感じです。
4905g.jpg

 今度は、「エコライズ」(平均化)で、レベル補正をしてみました。
4905e.jpg

 次に、同じレベル補正で、「ノーマライズ」(正常化、正規化)をしてみました。レベル補正もこれだけ極端な画像だと、いずれも不自然な感じになってしまいますが、画像が見えるようになりました。「ノーマライズ」は講座で説明します。
4905n.jpg

 どの画像がいいでしょうか。好みもあると思います。フィルムカメラでは、救いようのなかった写真も画像レタッチでなんとか見られるようになります。
もちろん、デジカメで撮るときにもうちょっときちんと撮ったほうがいいかも知れませんね。

 ストロボで撮った写真、昼間に撮った写真もありますので、また掲載します。
posted by kawamasa at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 画像加工全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7941310

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。